logo

会員制ファンコミュニティアプリ「Fanicon」のTHECOOが約7億円を調達

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファンコミュニティアプリなどを運営するTHECOOは7月20日、ソニー・ミュージックエンタテインメント、i-nest capital、YJ キャピタル、ドラキア・オラシイタ、ダ・ヴィンチ・プロジェクトの5社より、総額7億1000万円の資金調達を実施したことを発表した。

会員制ファンコミュニティアプリ「Fanicon」
会員制ファンコミュニティアプリ「Fanicon」

 同社は、YouTubeなどのオンラインクリエイターとファンをつなぐコミュニティサービスとしてスタートした、会員制ファンコミュニティアプリ「Fanicon(ファニコン)」を2017年12月から運営。AAAの宇野実彩子さんなどのアーティストや、全日本プロレスなどのスポーツチーム、俳優などにより、現在は1700以上のコミュニティが開設されているという。

 また、新型コロナウイルスによって、ライブやイベントの中止を余儀なくされたエンターテインメント業界に向けて、チケット制ライブ配信サービス「Fanistream(ファニストリーム)」の提供を開始。コロナの影響を受けた業界の新たな収入源の創出したいとしている。

 今回の調達した資金は、事業拡大のための積極的な採用と人材強化、海外展開を見据えたサービス認知向上のためのマーケティング投資、サービスの機能改善と本格的なライブ配信が可能なスタジオ建設などに利用するという。これにより、ファン・タレント・広告主のそれぞれに価値のあるサービスを提供し、ファンビジネスのエコシステム構築を目指すとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]