logo

HOMMA、今度は賃貸型タウンハウス--スマート住宅「HOMMA X」を米国で展開

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HOMMAは7月21日、米・オレゴン州ポートランドに開発中の、スマート住宅開発プロジェクト「HOMMA X(ホンマ・テン)」を発表した。2020年に着工し、2021年に竣工予定。

HOMMA Ⅹ 完成予想図(正面)(c)2020 HOMMA, Inc.
HOMMA Ⅹ 完成予想図(正面)(c)2020 HOMMA, Inc.
HOMMA Ⅹ 完成予想図(内装)(c) 2020 HOMMA, Inc.
HOMMA Ⅹ 完成予想図(内装)(c) 2020 HOMMA, Inc.

 本プロジェクトの開発地は、ポートランドのダウンタウン市街中心部より、車で10分の距離に位置しており、周辺には大きな公園や、スーパー、レストラン、カフェなどもある立地。近隣には高級住宅地や歴史保護地区などもあり、人気の高いエリアとなっている。

 今回のHOMMA Xは、18ユニットの賃貸型タウンハウスで、生活に必要なさまざまなIoTデバイスをビルトインし、住宅内の照明や空調などの自動化に加え、外部サービスとも連携し、より便利な生活を実現するスマート住宅となる。

HOMMA Ⅹ 完成予想図(俯瞰)(c)2020 HOMMA, Inc.
HOMMA Ⅹ 完成予想図(俯瞰)(c)2020 HOMMA, Inc.

 地上2階、地下1階(一部ユニットのみ)の、モダな外観デザインの木造住宅で、設計段階から使い勝手を考えて選定され、施工時にビルトインされたIoTデバイス群を、「スマートオーケストレーション」で自動制御する。

 センサーなどを用いて、環境や人間の行動にあわせて室内の環境を最適化する、HOMMA独自のアルゴリズムを採用。IoTデバイスは、室内のみならず外出先からでも、HOMMAスマートホームアプリにより一元的に管理・制御が可能だ。

 月額固定費用でさまざまなサービスを受けられるサブスクリプションサービスや、必要に応じて提供するオプションサービスの実装も予定している。

 HOMMAは、米・カリフォルニア州シリコンバレーを拠点に、次世代のスマートホーム開発を展開する、住宅関連のスタートアップ企業。デジタルマーケティング事業などを手掛けるセプテーニグループを事業パートナーとして迎えている。6月には、米カリフォルニア州ベニシア市に、スマートホーム技術を採用したプロトタイプ住宅「HOMMA ONE(ホンマ ワン)」を建設したと発表している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]