logo

米国住宅に日本の住まいの知恵--プロトタイプ住宅「HOMMA ONE」完成

加納恵 (編集部)2020年06月11日 18時17分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HOMMAは6月11日、米カリフォルニア州ベニシア市に、スマートホーム技術を採用したプロトタイプ住宅「HOMMA ONE(ホンマ ワン)」を建設したと発表した。日本の住宅関連産業と連携し、スマートでデザイン性の高い建売住宅の普及を目指す。

プロトタイプ住宅「HOMMA ONE」
プロトタイプ住宅「HOMMA ONE」

 HOMMA ONEは、6月に完成し、プロダクトムービー「HOMMA ONE Unveiling」を公開中。400平方メートルのスペースにライフスタイルに合わせた間取りや空間を用意しているという。

 独立したトイレルームや靴箱を設置したシューエリアなど日本文化を活かしたデザインを採用するほか、スマートホーム技術では、「スマートオーケストレーション」の第一フェーズを実装。スマートオーケストレーションとは、センサーや時刻、天気などの条件を元に、人の操作なしで複数のスマート機器を独自のルールに基づいて操作し、快適な居住空間を演出するというもの。普段どおりの生活ですべてのデバイスとサービスがストレスフリーで作動可能になる。

「スマートオーケストレーション」概念
「スマートオーケストレーション」概念

 日本の住宅関連企業と連携し、米国の住宅では見られない利便性や先進性を追求していることも特長。サンワカンパニーとのコラボレーションによる機能性とデザイン性の高いシステムキッチンやコンパクトな洗面台、Panasonic Life Solutions Company of Americaとの連携による、センサーを使った住宅内の換気の自動化などを採用する。

 今後は、2021年をめどに18戸のプロトタイプコミュニティ「HOMMA X(テン)」、2023年までにプレミアムコンパクト住宅によるコミュニティ「HOMMA 100」の建設を計画している。

住宅設備には日本の住宅関連企業の商品を取り入れている
住宅設備には日本の住宅関連企業の商品を取り入れている

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]