logo

シャープ、スーパーの特売情報が受け取れる新冷蔵庫--AIoT家電と連動の新レシピサービスも

飯塚 直 坂本純子 (編集部)2020年07月17日 18時31分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは7月17日、多彩なメニュー提案やレシピ検索ができる「COCORO KITCHEN」の新レシピサービスを、スマートフォンおよびPC向けのウェブブラウザで提供開始した。

 AIoT対応のヘルシオ、ヘルシオ ホットクック、冷蔵庫と連携し、各家庭の食スタイルにあったメニューの提案から全国の最新調理ランキング、多彩なメニュー検索ができる。

 人気メニューの閲覧だけでなく、全国のヘルシオ、ホットクックの調理履歴から最新ランキングを表示して、日々の献立づくりをサポートする。さらに、スマートライフアプリ「COCORO HOME」を通じて、AIoT対応のヘルシオ、ホットクック、冷蔵庫に食品の特売情報を知らせたり、ホットクックを2台持つ家庭など、同種類の複数の家電製品にレシピを送信したりすることが可能になった。

COCORO HOMEに対応したプラズマクラスター冷蔵庫

 また、COCORO HOMEに対応し、お気に入りの店鋪や食品の特売情報を通知してくれるプラズマクラスター冷蔵庫として、定格内容積502Lの「SJ-AF5OG」と「SJ-AW5OG」の2機種を発売する。

 SJ-AF5OGは、グラデーションファブリックブラウン、ピュアホワイト、グラデーションレッドの3色をラインアップする。発売は8月6日。SJ-AW5OGは、ピュアホワイトとグラデーションレッドを用意。発売は8月27日。

グラデーションファブリックブラウン
グラデーションファブリックブラウン
ピュアホワイト
ピュアホワイト
グラデーションレッド
グラデーションレッド

 本製品は、AloT機能の進化により、特売情報を受け取りたい店鋪の登録や食品の指定が可能になったのが特徴(COCORO HOMEアプリを使用)。従来は登録した任意の郵便番号付近の店舗のみ対応していたが、個別選択に対応し、自宅付近の店舗に加えて、自宅から離れた店舗の情報が受け取れるようになった。


 COCORO KITCHEN新レシピサービスで買物メモに食品を登録しておけば、その食品の特売情報を優先的に受け取れる。さらには、「作り置き」や「時短」など利用者の食スタイルに合わせたメニュー提案やレシピの検索が可能なCOCORO KITCHEN新レシピサービスと連携。レシピから食品を簡単に買物メモに登録できるなど、毎日の食生活をサポートする。

 
 

 冷蔵室、チルドルーム、野菜室には、庫内を清潔に保つ各室専用のプラズマクラスターユニットを搭載。プラズマクラスターイオンが室内に浮遊する菌の細胞表面のタンパク質を分解・除菌するほか、庫内に付着している菌も除菌できるため、キレイな冷気が冷蔵庫全室を循環する。

 
 

 また、「プラズマクラスタ一見守り運転」を搭載し、ドア開閉の多い時間帯やキッチンの温度上昇を温度・湿度センサーで検知・分析。冷蔵室のドアを閉めた直後に、集中的にプラズマクラスターイオンを放出し、庫内を清潔に保てるという。

 生ものの保存や食品の出し入れが多いチルドルームは、ファンレスのプラズマクラスターユニットを採用した「プラズマクラスターうるおいチルド」となっている。食品に直接風を当てず、乾燥を防ぐとともに付着菌を除菌。冷気の侵入を防ぐ高密閉構造で、乾燥を防ぎ食品の鮮度を保持するほか、味の変化を抑える効果もあるという。

 2016年から採用している「雪下シャキット野菜室」にもファンレスのプラズマクラスターユニットを採用し、「プラズマクラスター雪下シャキット野菜室」となっている。野菜の乾燥を防ぎながら、野菜室全体に広がったプラズマクラスターイオンが、野菜の表面に付着した菌を除菌して、野菜の鮮度が守れるほか、出し入れに便利な真ん中レイアウトに加え、奥行約53.5cmの大容量により大物野菜や長物野菜もしっかり保存可能。

 
 
 
 

 外出自粛による「巣ごもり消費」で、食品の買い置きや宅配が増加する中、本製品では、まとめ買いや作り置きの保存に便利な170Lの大容量冷凍室「メガフリーザー」を搭載する。

 
 

 下段冷凍室は、それぞれ深さの異なる3段構造を採用。なお、上段冷凍室には、約30分と短時間で冷凍・冷却が可能な「タイマー冷凍」を搭載している。

 
 
 
 

 その他、25項目の省エネ技術を採用した「節電25」モードを採用。節電25モードでは、通常運転と比べて最大約25%節電効果が得られるという。庫内温度が安定している時は、コンプレッサーやヒーターの運転を抑え消費電力をこまめに削減。ドア開閉頻度・外気温などもきめ細かく検知し、適切に制御する。

 氷の大きさ・透明度を選ぶだけで、用途に合わせた4種類(キラットモード[大]、通常モード[大]、キラットモード[標準]、通常モード[標準])の氷を簡単に作り分けることができる「おうちロック製氷」も搭載。

 透明度が高く、大きさが通常の約2.3倍のキラットモード[大]の氷は溶けにくく、飲み物や料理の演出、オンライン飲み会などにもオススメだという。

 他家電との連携機能では、ヘルシオやヘルシオ ホットクックに対応。冷蔵庫で選んだ献立メニューをヘルシオやホットクックに送信し、簡単に自動調理が可能となる。

 また、洗濯機と連携させると、冷蔵庫が洗濯機の運転終了などを音声で通知するため、キッチンにいてもタイムリーに洗濯物を取り出せ、家事をスムーズにこなせるようになるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]