logo

Facebookの「Messenger」、モバイルアプリで画面共有が可能に

David Priest (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年07月17日 09時19分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間7月16日、メッセージアプリ「Messenger」の「iOS」版と「Android」版に画面共有機能を追加した。新型コロナウイルスの感染拡大でリモート勤務をする人が増え、ソーシャルディスタンスが重視される中、Facebookは「Googleハングアウト」や「Zoom」といった人気ビデオチャットサービスと対抗するため、Messengerの機能群の拡充を進めている。

Messengerの画面共有
提供:Facebook

 Messengerの新機能により、オンラインで友人とともに写真やソーシャルメディアを閲覧したり、ショッピングしたりすることが、これまでより簡単にできるようになるという。画面を同時に共有できる人数は最大8人で、最近追加されたグループビデオチャット機能「Messengerルーム」を利用すれば最大16人となる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]