logo

Zoom、在宅勤務向けに「Zoom for Home」発表--27インチのタッチスクリーン端末提供へ

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年07月16日 11時06分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルスの感染拡大で、在宅勤務が標準となりつつある。このような状況の中、ビデオ会議サービスのZoomが「Zoom for Home」を発表した。リモートワークのユースケースをサポートするソフトウェア体験とハードウェアデバイスの新たなカテゴリーだとしている。Zoom for Homeの初となるデバイスは「DTEN ME」という27インチで1080pのタッチスクリーン端末だ。

Zoom
提供:Zoom

 DTENと提携して製造されたこの端末は599ドル(約6万4000円)で、ビデオ会議用に3つの広角カメラ、8マイクアレイ、内蔵スピーカーを搭載する。スマートカメラは「部屋の見え方を最適化」する。また、エコーキャンセレーションと自動ノイズ低減の機能を備えるという。

 フルHDのタッチディスプレイは、ホワイトボードのように使用して注釈を付けることもできる。

 厚さはわずか0.5インチ(約1.3cm)、重さは14.5ポンド(約6.6kg)で持ち運びも簡単だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]