logo

英政府、5G網からのファーウェイ機器排除を決定--米国に続いて

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年07月15日 08時18分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英国政府が、国内に展開する5Gネットワークから華為技術(ファーウェイ)製通信機器を排除する方針を発表した。同政府は1月に、市場シェアを35%以下に制限し、ネットワークの中核部分には使用しないという条件付きで、ファーウェイ製品の使用を容認するとしていたが、今回の決定によりこの1月の発表が覆されたことになる。

ファーウェイの通信機器とエンブレム
提供:Isabel Infantes/AFP via Getty Images

 英政府によるファーウェイ製品排除の決定は、現地時間7月14日にBoris Johnson英首相が議長を務める国家安全保障会議(NSC)の会合で下されたもので、同日午後に議会でOliver Dowdenデジタル・文化・メディア・スポーツ担当相が発表した。

 今回の決定により、英国内の通信事業者は2020年末から、ファーウェイ製品を購入できなくなる。Dowden大臣は、2027年までに英国の5Gネットワークからファーウェイ製品を撤去することが「必要かつ賢明」だとしつつ、同時に英国での5G展開がさらに1年遅れることや、20億ポンド(約2690億円)程度の負担増加になることも認めた。なお、英政府はファーウェイに代わるベンダーとして、既存のEricssonおよびNokiaに加えて、NECやサムスンとも協議を進めているという。

 今回の決定について、Huawei UKの広報を担当するEdward Brewster氏は「この残念な決定は、携帯電話を所有する英国のすべての人々にとって悪い知らせだ」とする声明を発表している。

 英政府は5G網関連のファーウェイ製品の取り扱いについて、1月に最初の決定を下していたが、これは複数の選挙や欧州連合(EU)離脱をめぐる議論の影響から1年以上遅れてようやく下されたものだった。その間に、2人の首相(Theresa May前首相とBoris Johnson現首相)が、この問題に関する決断を先送りにしていた。また1月にファーウェイ製品を容認するとJohnson首相が宣言した後も、英政府はまだ考えを変える可能性があるという憶測が流れていた。

 Johnson首相はこの数カ月間、米政府に加えて保守党内からも、英国でファーウェイ製品の使用を許可することについて再考を求める、大きな圧力を受けていた。米国はその後、ファーウェイに対する制裁措置を発表し、同社による米国技術の使用を禁止しており、それによってリスクが増大したと、Dowden大臣は述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]