logo

ドローンで処方箋医薬品配送の実証実験--旭川医科大学とANAホールディングスら

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 経済産業省北海道経済産業局、旭川医科大学、ANAホールディングス、アインホールディングスは7月10日、オンライン診療・オンライン服薬指導と連動した、ドローンによる処方箋医薬品の定温配送での非対面医療の実証実験を実施すると発表した。


 同実験では、北海道旭川市、エアロセンス、トッパン・フォームズ、緑が丘あさひ園、日通総合研究所が協力している。実施日は、7月18日・19日を予定。

 なお、オンライン診療、オンライン服薬指導、ドローンによる処方箋医薬品配送という一連の実証実験は国内で初めての取り組みとなる。

 同実験では、「処方箋医薬品」をテーマに、医師・薬局薬剤師の参加・協力のもと、医療分野における実際の活用を想定。具体的には、以下の3シナリオで実証を行う。

 
 

 ?旭川医科大学病院のオンライン診療による処方箋に基づき、アイン薬局 旭川医大店にて、薬局薬剤師がオンライン服薬指導のデモンストレーションを実施

 ?アイン薬局 旭川医大店から緑が丘あさひ園までの間で、ドローンによる処方箋医薬品を配送

 ?緑が丘あさひ園に到着後、配送した処方箋医薬品の品質・状態をオンラインにて確認

 同実験の結果をもとに、北海道内におけるドローンの地域実装に向けて、課題の洗い出しやビジネスモデルの具体的検討を推進。将来的には、地方における通院が困難な人に対して、「オンライン診療」→「電子処方箋発行」→「オンライン服薬指導」→「ドローンによる処方箋医薬品配送」という一連のサービス提供を目指す。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]