logo

車両の到着時間や遅延をリアルタイムで通知する「着タイム」--スマートドライブとモノフル

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートドライブとモノフルは7月10日、車両の運行計画からの遅延までをリアルタイムで可視化・通知する機能「着タイム」を共同開発し、提供を開始すると発表した。

 
 

 着タイムは、リアルタイムに車両の現在地を把握し、到着予定時刻を算出。配車計画に対する遅延情報や、到着予定時刻を担当者にメールで通知するサービス。

 従来、遅延が発生した場合はドライバーと運送会社、荷受け側との間で電話連絡を取り合う必要があった。同サービスを導入することで、自動で遅延が通知されるようになり、荷受け側が時間を有効活用できるほか、運行計画の適宜変更によってスムーズな輸送が可能になるとしている。

 また、スマートドライブが提供している車両管理サービス「SmartDrive Fleet」や、移動データ分析サービス「Mobility Data Analytics」を連携させることで、配車計画・動態管理/遅延通知・実績管理・配車の最適化まで、物流におけるPDCAサイクルをワンストップで実行できるようになると説明する。

 両社は今後も、互いの技術やノウハウを生かし、物流・輸送サービスを支えるロジスティック・ソリューションの提供に努めるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]