logo

「Pokemon Go」開発元のNiantic、「Sleep No More」のクリエイターと提携

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年07月01日 10時26分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ポケモンがバス停に隠れていたり、魔法使いが図書館の近くで戦っていたりと、ポケモンやハリーポッターを題材としたNianticの最初のいくつかの拡張現実(AR)スマートフォンゲームは、スマートフォンを利用して現実世界をゲームにマッピングするものだった。同社は次なるプロジェクトとして、ボードゲームやイマーシブ(没入型)シアターに着目している。

提供:Niantic
提供:Niantic

 Nianticが新たに提携するのはPunchdrunk。同社は、イマーシブシアターでヒットした「Sleep No More」(2013年から上演されているが、ニューヨークでの上演は現在中断されている)のクリエイターだ。イマーシブシアター以外にも、サムスンが2016年のCannes Lions Festivalに出品したVR作品を制作している。同社の芸術監督であるFelix Barrett氏は、2019年秋に開催されたNianticの拡張現実シンポジウムに参加していた。

 Nianticは、Punchdrunkとの提携によるゲーム制作のスケジュールについては公表していないが、Nianticの別の大型プロジェクトで、「カタンの開拓者たち」(Settlers of Catan)を世界に拡大したバージョンである「CATAN(カタン)」は、まもなくベータ版がリリースされる予定だ。「カタンの開拓者たち」は、古くから親しまれてきた受賞歴のあるクラシックボードゲームシリーズで、独自のマルチプレーヤーアプリも提供されているが、2019年に発表されたNiantic版は、実際の場所にゲームの場を拡大し、ARを駆使してあらゆるものを何らかの形で仮想的なボードゲームに転換するものになるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]