logo

アイスクリームブランドのBen & Jerry's、Facebookの広告ボイコットに参加

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2020年06月25日 11時55分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイスクリームブランドのBen & Jerry'sが、Facebook広告のボイコット運動に新たに加わった。同社は今回の決定にあたり、Facebookに対して不適切なコンテンツへの対策を強化するよう求める、さまざまな団体や他の企業を支持すると述べた。

Facebookのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 Ben & Jerry'sが米国時間6月23日に発表した声明によると、同社の広告ボイコットはFacebook傘下の写真共有アプリInstagramに掲載されるものも対象とし、7月1日に始まる。

 Facebookに対する広告ボイコット運動は、6月中旬に始まった。きっかけは、ヘイトスピーチや偽情報への対策強化をFacebookに促すため、6つの人権団体が企業に対してFacebookへの広告掲載を7月から見合わせるよう呼びかけたことにある。これを受け、アウトドア製品を販売するRecreational Equipment Inc.(REI)やアウトドア衣料ブランドのThe North Faceが、すでにボイコット運動に賛同すると発表している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]