LINE、デジタルトレカのプラットフォーム「VVID」を今夏から展開--動くカードも提供

 LINEは6月16日、さまざまなジャンルの写真・音声・映像をコレクションできるデジタルトレーディングカードプラットフォーム「VVID」(ビビッド)を今夏に提供すると発表した。

VVID
 

 VVIDは、アーティストやアイドル、コスプレイヤーなどの人物をはじめ、アニメ、映画、ホビーなどさまざまなコンテンツをオンラインで販売する、デジタルトレーディングカードサービス。既存の写真をそのままデジタルカード化するだけでなく、アイドルやアーティストが笑いかけてくるカード、アニメ・漫画のワンシーンを切りとった動くカードなど、デジタルならではの特性を生かしたインタラクティブなカードが楽しめるという。

 また、スマホの画面を指で擦ることで隠れていた画像が見れたり、スマートフォンを傾けることで人物の表情が変わったりする特殊なカードも展開する予定。同サービスだけで楽しめるラインナップを用意する。

 さらに、ファン同士でトレーディング(交換・二次流通)が可能。DRM機能の導入によるスクリーンショット防止や、デジタルカードの発行No.による管理によって、複製防止やコンテンツ保護を行い、不正な二次流通を防ぐという。

 なお、日本だけでなく、グローバルを含めた展開を予定する。

 

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]