logo

QRコードの読み取りでクラスター感染発生時にLINEで通知--東京都が見守りサービス

山川晶之 (編集部)2020年06月06日 10時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京都は6月5日、LINEを活用した「東京版新型コロナ見守りサービス」を、6月12日より提供開始すると発表した。

キャプション

 これは、美術館や博物館、図書館といった文化施設、庭園、動物園、スポーツ施設といった都立施設を利用したユーザーを対象に、当該施設で新型コロナウイルスのクラスター感染が確認された場合、施設の訪問履歴にもとづき、利用者に感染情報を通知するというもの。

  利用には、メールを使った「都立施設入館システム」と、LINEの「新型コロナ対策パーソナルサポート」を用意。施設に掲示されているQRコードをスマートフォンで読み取ることで登録が可能。都立施設入館システムを利用する場合、アプリなどのダウンロードは不要だ。

 なお、提供期間は今のところ定めておらず、ワクチンや治療薬の開発など、感染不安がなくなった段階で終了予定としている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]