logo
新型コロナウイルス関連

厚労省、新型コロナ陽性者との接触を通知するアプリを開発--6月中旬にリリースへ

藤井涼 (編集部)2020年06月13日 14時24分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 厚生労働省は、6月中旬に「新型コロナウイルス接触確認アプリ」をリリースする予定であることを発表した。アップルとグーグルが提供するAPIをもとに開発しているという。

キャプション
「新型コロナウイルス接触確認アプリ」のイメージ

 このアプリは、スマートフォンのBluetooth機能を使って、利用者のプライバシーを保護しながら、新型コロナウイルス感染症の陽性者と、半径1メートル、15分以上接触した可能性について通知を受けられるもの。情報は1日1回更新され、アプリから「陽性者との接触を確認する」を選ぶと、過去14日間の接触状況を確認できる。

キャプション

 陽性者との接触が確認された場合には、現在の症状などを入力フォームまたは電話で行政機関に連絡できる。内容によってPCR検査センターなどへの受診を案内するという。ただし、接触の可能性が同一者かどうかはシステムでは判らないため、同一者でも1日単位で件数が表示されるとしている。

 新型コロナウイルスの陽性者は、本人の同意のもと自身でアプリに登録をする。陽性ではない人が悪用して登録することのないよう、PCR検査で本人が「新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム」に登録した、電話番号のSMSまたはメールアドレスに届く「処理番号」が必要になるという。

キャプション

 なお、プライバシーに配慮し、アプリでは氏名・電話番号・メールアドレスなど個人の特定につながる情報を入力することはないとしている。また、他のスマートフォンとの近接した状態の情報は、暗号化のうえ、本人のスマートフォンの中にのみ記録され、14日後に自動的に無効になるとのこと。そのため、行政機関や第三者が接触の記録や個人の情報を利用し、収集することはないとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]