logo

ブロックチェーン技術の「LayerX」がランクイン--2020年5月の資金調達・時価総額ランキング

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォースタートアップスは6月11日、成長産業領域に特化した情報プラットフォーム「STARTUP DB」において、2020年1月から5月までを対象とした「国内スタートアップ資金調達額ランキング」を発表した。

キャプション

 それによると、10位にランクインしたLayerXは、ジャフコ、ANRI、YJキャピタルを引受先とした総額約30億円の資金調達を実施。これにより、同社の想定時価総額は128億円となった。代表は、2012年大学院在学中にGunosyを創業し、代表取締役に就任。創業よりおよそ2年半で、東証マザーズに上場させた経験を持つ福島良典氏が務めている。

 ブロックチェーン技術などのテクノロジーを活用した業務プロセスのデジタル化を推進する同社は、今回調達した資金を商用化のための事業会社設立資金やこれらに対応した事業および、プロダクト開発、人材採用に割り当てる方針だという。

 米ファンドのEvolution Capital Managementなどから27.9億円(総額約2500万ドル、1ドル111.85換算)の出資を受けたFinTechベンチャーであるGVEは12位にランクインした。これにより、同社の想定時価総額は6月時点で558億円となり、国内スタートアップの時価総額ランキングでも10位にランクインしている。

 13位には、AI問診サービス・診察サポート機能を持つ高機能問診票アプリ「Ubie」を開発するUbieがランクインした。同社は、医薬品卸を主要事業とするスズケンを引受先とする20億円の資金調達を実施。調達した資金は、人材の採用やカスタマーサクセスとマーケティングの強化に充てる見込み。さらに、国内での提供・改善を重ねた先にはグローバル展開も見据えている。

 日本最大級のプログラミングスクール「TECH CAMP」を運営するdivは、18.3億円の資金調達を実施し、新規20位にランクインした。TECH CAMPは、挫折せずに学び切るためのサポートが充実しており、2012年3月の会社設立以来およそ2万名以上の受講実績を有している。なお、代表取締役である真子就有氏は、登録者数約70万人(6月時点)のビジネス系のYouTuberとしても活動している。

 このほかランキングを見てみると、Paidy、H.I.F.、Kyash、GVE、ディーカレット、五常・アンド・カンパニーなど、金融カテゴリーで大型の資金調達を実施している企業が目立つ。また「その他」に分類されるLayerXでは、2019年11月に三菱UFJフィナンシャル・グループとの協業締結のほか、2020年4月には三井物産と三井物産デジタル・アセットマネジメントを設立。さまざまな領域でブロックチェーン技術を活用し、実証実験のみならず具体的な商用化の取り組みを推進している。

キャプション

時価総額上位の資金調達状況は?

 フォースタートアップスでは、6月1日時点での「国内スタートアップ想定時価総額ランキング」も発表している。同ランキングでは、登記簿に記載された発行済みの顕在株・潜在株を元に算出。子会社やINCJ主導で設立した企業は除外されている。なお、米ドルでの調達の場合は6月1日時点での為替ルートにて算出している。

キャプション

 6月の想定時価総額ランキングは、先月からの変化はなかった。累計資金調達金額をみてみると、トップは後払い決済サービス「Paidy」を展開するPaidy。また、人工合成クモ糸のSpiber、AIを活用したモバイルヘルスケアアプリのFiNC technologiesもこれまでに大規模な資金調達を実施している。さらには、ニュースアプリを展開するスマートニュースと、資産運用ロボアドバイザーのウェルスナビがこれに続く。

 最終調達日に注目すると、想定時価総額ランキングTOP20社のうち、13社が半年以上前に調達をしており、Spiber、Paidy、GVE、FiNC technologiesが2020年に入って資金調達を実施していることがわかった。Paidyは、4月にオンライン決済で大型加盟店との取引拡大とオフライン決済の新規展開を目的とした、伊藤忠商事からの第三者割当増資を受けている。直近では、5月から10位にランクインしたFinTechのGVEが米ファンドのEvolution Capital Managementから資金調達を実施している。

キャプション

 スタートアップ全体の1社平均資金調達額は7.6億円(STARTUP DB調べ)であるのに対し、今回ランクインしている20社の平均資金調達額は105.8億円と、約14倍の開きがあることがわかったという。このことから、企業ごとに差はあるものの、想定時価総額が上位のスタートアップ企業は他企業に比べて多額の資金調達を実施してきている傾向がみられた。

キャプション

 カテゴリー別では、環境・エネルギーと金融が4社ずつランクインしている。環境・エネルギーでは、電力小売を手掛けるパネイルや大型リチウムイオン電池の開発を行うエリーパワーなど。金融では、リキッドグループが最上位にランクインしている。他領域としては、自動運転システムを開発するティアフォーや、自律移動ロボットと自動運転ロボカーを開発するZMPなど、自動車分野の企業も3社ランクインした。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]