logo

米Polk Audio、声が聞き取りやすいサウンドバー--ディーアンドエムが国内取扱を開始

加納恵 (編集部)2020年06月10日 12時04分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディーアンドエムホールディングスは6月10日、米国Polk Audioブランドの取り扱いを開始すると発表した。第1弾として、ワイヤレスサブウーファー付きサウンドバー「Signa S3」を発売する。販売開始は6月中旬。市場想定税込価格は3万1900円になる。

「Signa S3」
「Signa S3」

 Signa S3は、32mm×112mmのフルレンジスピーカー2つと、25mmのトゥイーター2つを内蔵したサウンドバーと134mmのウーファーを備えたワイヤレスサブウーファーを組み合わせたテレビ用スピーカー。ワイヤレスサブウーファーは、電源に接続すると自動でペアリングされる。

 3段階のレベルから選べる「Voice Adjust」機能を備え、映画、音楽、そしてトーク番組、スポーツ中継など、どのコンテンツでもクリアな音声を再生。ムービー、ミュージック、ナイトモードと3つのサウンドモードも搭載する。

 Bluetoothに対応し、スマートフォンやタブレットと組み合わせての使用も可能。Chromecast built-inにより、YouTube Music、Amazon Music、Apple Music、Spotifyなどストリーミングサービスも再生できる。

 テレビとの接続は、HDMIででき、HDMIケーブルも付属。サウンドバーは高さ55mm×幅900mm×奥行き84mmで、重量約1.8kgのスリムボディで、壁掛けにも対応する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]