logo

富士通、医療機関にヘルスケアソリューションを6カ月無償提供--医療分野のDXへ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は6月8日、医療機関における新型コロナウイルス感染症対策を支援するため、多くの導入実績を持つヘルスケア製品(5種)の中から有効な機能を組み合わせた3つのソリューションについて、無償提供を開始したと発表した。

キャプション

 提供の対象となるのは、日本国内の医療機関。提供期間は、6カ月間(6月1日から9月末まで)。

 提供を開始するのは、医療機関の受付・会計手続きを迅速化し、院内の混雑を緩和する「病院内のクラスター発生を抑制するソリューション」。患者がスマートフォン上で場所や時間を問わずに診療予約が可能となり、医療機関は予約状況や外来での診察待ち状況を患者に通知できる「FUJITSU ヘルスケアソリューション LifeMark-コンシェルジュ」と、ドライブスルー方式などでPCR検査を院外で実施する場合の臨時診療所における診療報酬請求を支援する「FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE X-W」で構成される。

 また、感染患者の院内移動歴や接触者をリストで見える化し、感染病棟マップで俯瞰的に把握可能な「FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE EGMAIN-GX 感染管理支援ライブラリ」、「空床管理機能」と、医療従事者が院内のどこからでも、スマートデバイス上でセキュアに電子カルテシステムを参照・入力可能な「FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE PocketChart」で構成された院内全体を俯瞰した導線分離など、医療従事者の感染拡大防止に活用できる「医療従事者間の3密を低減するソリューション」。

 地域の医療機関同士をセキュアなネットワークでつなぎ、電子カルテなどの診療情報を共有可能とする「FUJITSU ヘルスケアソリューション HumanBridge EHR ソリューション」で構成され、リモートカルテ機能も搭載の「地域全体での最適な医療体制を確立するソリューション」の3つのソリューション。

 同社では今後、ニューノーマルとして期待される遠隔診療などの新たな取り組みを支える医療基盤の整備に向けた提案を進め、医療分野のDXを加速させるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]