logo

WWDC目前!「iOS 14」のうわさまとめ--リリース日、新機能、アプリなど

Vanessa Hand Orellana (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2020年06月10日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの年次開発者会議「Worldwide Developers Conference(WWDC)」が目前に迫っている。ということは、おそらく、「iPhone」に搭載される次期「iOS 14」の新機能もいよいよ明らかになるということだ。だが、それまでは、何が期待できるのか、出回っているたくさんのうわさを詳しくみていこう。

iOS 14のイメージ
提供:Celso Bulgatti/CNET

 過去数カ月、Appleのうわさを扱ういくつものサイトが、iOS 14の初期テストバージョンを実際に試したとして、インターフェースの変更から新しいアプリまで、あらゆることについて詳細を報じてきた。そうしたリーク情報が本当かどうか定かではないし、うわさにのぼっている変更点が最終バージョンまで残るとも限らないが、楽しみな点は山のようにある。

リリース日

 すべてが計画どおりに進めば、といっても、既に計画どおりに進んでいない部分はあるのだが、AppleはiOS 14を、米国時間6月22日に始まるWWDC 2020で発表する見込みだ。今回のWWDCはオンライン開催となるが、iOS 14は例年どおり、このイベントの幕開けとなる基調講演で、主なソフトウェアのアップデートとともに発表されるものとみられている。

 これまでは、iOSが発表されると、まず開発者向けベータ版がリリースされ、その数カ月後にパブリックベータが公開されて、9月上旬のiPhone発表イベントで正式にリリースされるというのがお決まりだった。

 だが、2020年のスケジュールは変わる可能性がある。新型コロナウイルスの世界的な大流行が原因で、次期iPhoneの生産に遅れが生じているともうわさされており、iPhoneの発表イベント、それに伴ってiOS 14のリリースも、10月に後ろ倒しせざるを得なくなるかもしれない。この件に関して、Appleからコメントはまだ得られていない。

ホーム画面のアップデート

 ホーム画面が、がらっと変わる可能性がある。9to5Macによると、iOS 14ではリスト表示のオプションが追加され、現在のアイコン表示だけでなく、アプリをリストのように並べられるようになるという。「Apple Watch」では既に、アプリをアルファベット順に並べられるが、iPhoneでは最もよく使う順、あるいは未読通知数の順などでも並べ替えられるようになる可能性がある。

デフォルトアプリの変更

 初代iPhoneから一貫して、Appleは「マップ」や「ミュージック」など自社のプレインストールアプリをデフォルトに設定してきた。この長年の伝統が、iOS 14で変わるかもしれない。うわさでは、Appleがサードパーティー製アプリもデフォルトとして選べるようにする可能性があるとされているからだ。「Apple Music」ではなく「Spotify」、マップの代わりに「Googleマップ」や「Waze」、「Safari」ではなく「Chrome」といったアプリを選べるようになるかもしれない。

「メッセージ」に@メンション機能

 Appleの「メッセージ」アプリは、「Slack」や「WhatsApp」といったほかのアプリを真似るのではないかと言われている。相手の名前の前にアットマーク(@)記号を付けて、グループチャットで特定のユーザーを強調してメッセージを送る機能だ。MacRumorsによると、いったん送信したメッセージを削除する機能や、メールと同じようにメッセージを未読としてマークする機能も追加されるという。そのほか、新しい絵文字が増え、「アニ文字」と「ミー文字」に新機能が追加されることも予想される。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]