logo

ソフトバンク、クラウドゲームサービス「GeForce NOW」を6月10日から正式サービス開始

佐藤和也 (編集部)2020年06月05日 14時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは6月5日、クラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」の正式サービスを、6月10日から開始すると発表した。

 GeForce NOWは、NVIDIAのクラウドゲーミングサービス。ゲームプレイ時に発生する高い負荷がかかるデータ処理をサーバー側で行いストリーミング配信するため、デバイスの種類を問わずに、高性能を要求するゲームがいつでも楽しめる。日本ではソフトバンクのエンタメ配信サービス「5G LAB」の「GAME SQUARE」カテゴリーにおいて展開する。

 利用料金は月額1800円。本登録完了日から14日間は無料で利用可能。なお、6月に本登録を完了した場合は61日間、7月に本登録を完了された場合は31日間、本登録完了日から利用料金が無料になるキャンペーンも展開する。6月10日以降から公式ウェブサイトを通じて申し込みが可能。仮登録後、準備ができ次第本登録の手続きを案内するとしている。

「GeForce NOW Powered by SoftBank」利用までの流れ
「GeForce NOW Powered by SoftBank」利用までの流れ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]