logo
Kickstarter

バッテリ不要な機械式ジンバル「GravGrip」--スマホで手ぶれ無縁のビデオを撮影

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近のアクションカメラやスマートフォンは、ビデオ撮影時の手ぶれ補正機能が優れている。それでも、撮影方向を変える動きはギクシャクしてしまい、スムーズな映像を作るのは難しい。スタビライザーを使えば映像のレベルは格段に向上するものの、別にバッテリが必要だったり、大がかりになったりして面倒だ。

 そこで、シンプルでコンパクトな機械式スタビライザー「GravGrip」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。

スマホやアクションカメラ向けの1軸スタビライザー(出典:Kickstarter)
スマホやアクションカメラ向けの1軸スタビライザー(出典:Kickstarter)

 GravGripは、スマートフォンやアクションカメラ向けの1軸スタビライザー。カウンターウェイトでバランスを取るメカニカルな仕組みでブレを抑制するため、バッテリが必要ない。水がかかる環境でも使える。サイズは30×75×87mmと小さく、持ち歩きもしやすい。

シンプルな構造でコンパクト(出典:Kickstarter)
シンプルな構造でコンパクト(出典:Kickstarter)

 軸の向きを切り替えることで、構図を水平に保とうとするロール補正と、カメラを鉛直移動させたときに撮影方向を保とうとするチルト補正という、2つの使い方が選べる。補正速度は、カウンターウェイトの位置を変えて調整できる。軸は360°回転するので、撮影の自由度が高い。

ロール補正で水平を保つ(出典:Kickstarter)
ロール補正で水平を保つ(出典:Kickstarter)
チルト補正で低い位置からの撮影も安定(出典:Kickstarter)
チルト補正で低い位置からの撮影も安定(出典:Kickstarter)
360°回転可能(出典:Kickstarter)
360°回転可能

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間7月3日まで。記事執筆時点(日本時間6月4日16時)でキャンペーン期間は28日残っているが、すでに目標金額2万ドル(約218万円)の4倍近い約7万8000ドル(約850万円)の資金を集めている。

GravGripの紹介ビデオ(出典:Kickstarter)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]