logo

LINE、オンライン上で有名人と1対1で話せるチケット制ライブ「LINE Face2Face」

佐藤和也 (編集部)2020年06月04日 16時36分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは、オンライン上で好きなアーティストやアイドルと1対1で直接話すことができるチケット制ライブ「LINE Face2Face powered by LINE LIVE」を8月から提供すると発表した。

 LINE Face2Faceは、LINE LIVEの機能を活用した1対1モデルのライブ配信サービス。握手会やトークイベントのプレミア感を、そのままオンライン上で体験することができるとうたう。これまでアーティストなどがライブ配信をする際、視聴している大勢のファンに対して配信することが多い。LINE Face2Faceを活用することで、何気ない会話から、応援する熱い想いまで、直接本人に届けることができるという。

 ほかにも、フェイスフィルターを付けた一緒に遊んだり、「花束」や「手紙」などといったオリジナルの応援アイテムを送ることも可能。リアルで開催されてきた握手会や撮影会、トークライブと同様の距離感を持ちながら、それ以上のワクワク感を体感することができるという。

 配信中は、配信側の第三者による画面モニタリングが可能。不審な動きがあった場合は、一時的に中断、視聴者のアカウントを停止することができる。

 LINE側では、新型コロナウイルス感染症の流行にともない、さまざまななイベントが中止や延期されている昨今、イベントのオンライン化をサポートを行っているものの、特に握手会や撮影会など実際に会うことが必要とされるイベントの実施が難しくなっていること、さらにコミュニケーションできる機会が減っていることを寂しがるファンが少なからず存在すること、外出自粛の中長期によってエンターテイメント業界における収益面での課題なども浮上しており、オンラインで収益化ができる新たなビジネスモデルの構築が早急に求められていることを、LINE Face2Faceリリースの背景として説明している。

 今後、LINE Face2Faceをオープン化し開放することを予定。販売機能、本人認証、配信者の背景画像の設定、コミュニケーションスタンプの導入、LIVEコマースとの連動など機能拡充を図っていくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]