logo

マイクロソフト、Chromium版「Edge」の自動配信を開始

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年06月04日 13時56分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは先ごろ、「Windows 10」で従来版「Microsoft Edge」ブラウザーを非推奨にすると発表し、Windows 10ユーザーに対して新しいChromium版Edgeの自動配信を開始した。

 Microsoftは、新しいChromium版Edgeからブラウザーの提供方針を変え、この20年にわたってInternet Explorer(IE)をWindowsに搭載してきたように、OSとブラウザーを当時に提供するのを止めた。Chromium版Edgeは、「macOS」「iOS」「Android」「Windows 7」でも利用できる。

 1月の新しいEdgeの安定版リリースに先立ってMicrosoftが説明したように、今後は「Windows Update」を通じてWindows 10搭載PCにEdgeを配信する一方で、必要があれば配信をブロックできるように「Edge Blocker Toolkit」を企業に提供する。Windows 10ユーザーはこれまで、新しいEdgeを手作業でダウンロードしてインストールしなければならなかった。

 Ghacksが報じているように、Microsoftはサポート資料「KB4541301」「KB4541302」「KB4559309」を公開し、Windows 10の「1803」と「1809」、「1903」と「1909」、「1803」から「2004」までのバージョンを対象として、Edgeの自動配信について詳しく説明している。

 サポート資料には「Microsoftは、新しいChromiumベースのMicrosoft Edgeをリリースした。この新しいバージョンでは、拡張機能とウェブサイトに関してクラス最高の互換性を発揮する。さらに、この新しいバージョンでは、サポートされている全てのOSプラットフォームを対象とした最新のレンダリング機能、先進のウェブアプリケーション、強力な開発者ツールのサポートを提供している」と記されている。

 新しいEdgeがWindows Updateを通じて自動配信されるようになったことで、従来のEdgeは廃止される。設定やパスワード、お気に入りは、新しいEdgeに自動的に引き継がれる。

 Microsoftは、GoogleによるChromiumのアップデートサイクルに従い、DevチャネルとBetaチャネルでのリリースとともに、6週間おきに安定版をリリースする。

 Microsoftによると、新しいEdgeをインストールした後は、スタートメニューのピン留めとタイル、ショートカットが新版Edgeに移行するという。既存のタスクバーのピン留めとショートカットも引き継がれ、新しいEdgeがタスクバーにピン留めされる。

 デスクトップ上にもショートカットが表示され、旧版Edgeを起動しようとすると、新版Edgeにリダイレクトされる。また、新版Edgeを配信するアップデーターはアンインストールできない。

 Microsoftは3月に、自動入力のために保存していた認証情報がダークウェブで見つかったらユーザーに通知するEdgeの新機能「Password Monitor」を発表した。

 Microsoftは、新型Edgeのバーティカル(縦型)タブや、ウェブコンテンツをコピー&ペーストするためのスマートコピー機能、「Bing」で検索するユーザー向けのプライベートモード、「Immersive Reader」機能にも取り組んでいる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]