リスト、築15年の松濤ビルを無人ホテルにリノベーション--キッチン、洗濯機も完備

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リストの連結子会社であるリストフロパティーズは6月3日、渋谷の松濤エリアに、無人ホテル「Re:ONcE Shibuya(リ・ワンス渋谷)」をオープンした。同日より受付を開始し、6月16日より宿泊が可能となる。

2階客室
2階客室

 Re:ONcE Shibuyaは、2018年6月の旅館業法改正を受け、当時、事務所・店舗用途であった築15年の松濤ビルを、リストプロパティーズが2019年9月に取得し、2階から4階部分をリノベーションしてホテルに用途変更したもの。

 

 1フロアにつき1客室の全3客室で、日本の伝統的な空間要素である仕切りや縁側、続き間を、各客室で現代的にリデザインした。

 各客室の宿泊人数は最大8人で、キッチンや調理器具、洗濯機のほか、Amazon Fire TVも備え、大人数での旅行や出張等の、長期間の滞在にも適しているという。

 ホテル運営は、スマートレジデンシャルホテル運営代行のzensに委託。スマートロック等のIoTを活用した遠隔チェックインシステム「ZensTablet」や、チェックアウト後の円滑な清掃業務、緊急時の駆け付けサービスなどにより、無人での運営を実現した。

松濤ビル 外観
松濤ビル 外観

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]