logo

タイセイ・ハウジー、賃貸物件でセルフ内見を開始--スマートロックと「OHEYAGO」組み合わせ

加納恵 (編集部)2020年06月02日 17時53分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大崎電気工業とイタンジは6月2日、スマートロック「OPELO(オペロ)」とセルフ内見型賃貸サービス「OHEYAGO(オヘヤゴー)」を連携し、タイセイ・ハウジーの賃貸物件で内見、管理の無人化・非対面化を開始したと発表した。7月からタイセイ・ハウジーが管理する8万4466件の賃貸物件において、順次セルフ内見が可能になる。

セルフ内見を開始
セルフ内見を開始

 内見時の鍵の受け渡しは、現地設置のキーボックスを用いる、または対面での受け渡しを行う方法が一般的だが、セキュリティ面での不安や手間がかかるなどが課題となっていた。いずれも、不動産スタッフの同行が必要で、入居希望者の都合に合わせて内見することや、非対面での接客対応ができない仕組みになっていた。

 OPELOとOHEYAGOの連携により、物件管理における安全性の担保を両立できるほか、入居希望者は、スマートフォンを使って非対面での部屋探しが実現する。OPELOには、空室・入居モード切替機能を備えているため、内見用に設置されたスマートロックを入居後も使い続けられる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]