logo

任天堂、ぬいぐるみ型の柔らかな「amiibo」を可能にするICタグ保護技術--特許出願

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 任天堂の「amiibo(アミーボ)」は、各種キャラクターのフィギュアカードにNFCチップを搭載したグッズ。ゲーム機に置いたりかざしたりすることで、遊び方の幅を広げられる。

 その任天堂が、柔らかい“ぬいぐるみ”へICタグを安全に仕込む技術を考案。この技術を特許庁へ出願したところ、5月28日に「玩具」(公開特許番号「特開2020-78592(P2020-78592A)」)として公開された。出願日は2月25日。

公開された任天堂の特許(出典:特許庁)
公開された任天堂の特許(出典:特許庁)

 この特許は、外被が柔らかな、 ぬいぐるみ型の玩具へICタグを組み込む技術を説明したもの。ぬいぐるみに外から力を加えられるとICタグの破損につながりかねないが、このICタグに比べ折れ曲がりにくい補強部材を設けることで、ICタグを守るというアイデアだ。

ぬいぐるみ底部のICタグを補強部材で保護(出典:特許庁)
ぬいぐるみ底部のICタグを補強部材で保護(出典:特許庁)

 ぬいぐるみは一部が平面になっていて、ICタグ用リーダーライターに置くことが可能。特許のなかでは、この玩具を「座らせたり」してリーダーライターにかざし、ICタグから情報を読み出したり、ICタグに情報を書き込んだりするという。

 さらに、任天堂はこのぬいぐるみ型玩具を実現するのに必要な構造や素材についても説明している。

ゾウぬいぐるみ型のamiiboが可能に(出典:特許庁)
ゾウぬいぐるみ型のamiiboが可能に(出典:特許庁)

 なお、特許とは、技術的アイデアの権利保護を目的とした公的文書である。登録されて成立しても、実際の製品やサービスで利用されるとは限らない。さらに、アイデアの存在を公知の事実にする目的で出願され、登録に至らず公開止まりになるものも少なくない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]