Instagram、新たなクリエイター支援機能の実験開始--バッジや「IGTV」広告など

Alexandra Garrett (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年05月28日 07時39分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Instagramは米国時間5月27日、クリエイターらの収益増加を目的とした新ツールを提供すると発表した。同社の声明によると、提供が始まるのはライブ動画にバッジを追加する機能と「IGTV」に広告を表示する機能の2つで、これらの機能は現在テスト段階にあり、一部のクリエイターや企業にのみ提供されるという。

Instagramアプリのスクリーンショット
Instagramアプリのスクリーンショット
提供:Instagram

 2つのうち、バッジ機能は、ライブ動画の再生時に個人名の横に表示され、視聴者はバッジを購入することによって各クリエイターを支援することができるというもの。6月からテストを開始する。バッジの値段は0.99~4.99ドルで、価格によって異なる種類の「ハート」バッジが表示される。TechCrunchによると、Instagramは視聴者が購入できるバッジ数を1本のライブ動画につき1つまでに限定する予定だという。

 一方、IGTV上の広告表示は来週からテストが開始される。同社によると、広告は視聴者が自分のフィード内のプレビューからIGTV動画を視聴するために最初にタップしたときに表示され、最大で15秒間続く。

 なお、Instagramは広告をスキップするオプションの実験を2020年終わりまで続ける予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]