logo

Boston Dynamicsの4足歩行ロボ「Spot」がニュージーランドの“牧羊犬”に

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンク傘下のBoston Dynamicsと、ロボット遠隔制御技術を手がけるニュージーランド企業のRocosは、Boston Dynamics製4足歩行ロボット「Spot」の活用推進に向け提携した。

農業や牧畜でSpotを活用へ(出典:Rocos/YouTube)
農業や牧畜でSpotを活用へ(出典:Rocos/YouTube)

 Rocosは、各種ロボット向け遠隔制御システムを構築するためのクラウドプラットフォームを提供している。Rocosの技術を利用することで、Spotの遠隔操作が可能になるという。

ロボット遠隔制御技術を手がけている(出典:Rocos)
ロボット遠隔制御技術を手がけている(出典:Rocos)

 Spotは、4本の足を使って犬のように歩いて移動するロボット。屋内にとどまらず、屋外の不整地でも使用可能。あらかじめ設定したルートに沿って自律歩行する機能も備えている。農林業や畜産業、エネルギー産業などでは、移動の負担が大きかったり危険だったりする環境に投入すれば、データ収集や監視などの業務に活用できる。

 Rocosは、農場や牧場において、より正確データを安全かつ自動的に収集できるようになり、効率向上に繋がる、としている。

Spot活用例ビデオ(出典:Rocos/YouTube)


 Boston DynamicsはすでにSpotを出荷しており、SDKも公開済みだ。鹿島建設は、土木工事現場の各種作業に使用する目的でSpotを導入した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]