logo

アプリで歯磨き管理も--フィリップス、「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン 9000」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィリップス・ジャパンは5月20日、音波式電動歯ブラシの新製品として、「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン 9000」を5月25日に発売すると発表した。想定市場価格は2万6840円(税込)。カラーは、ホワイトとピンクの2色がラインアップする。

 
 

 なお、一部オンラインストア(Amazon、フィリップス公式ストア楽天市場)で先行発売し、順次取り扱いのある全国の家電量販店で販売するという。

 本製品は、音波式電動歯ブラシ「ソニッケアー」シリーズ史上最高のブラッシングが体験できるというエントリーモデル。手磨きと比較し、最大10倍の歯垢除去力と3日間で最大2倍のステイン(着色汚れ)除去性能を有する。

 さらに、専用アプリと連動し、磨いた回数や頻度、ブラッシングの強さについて、スマートフォンを使って解析可能。ブラシヘッドの交換タイミングも、ハンドルのランプだけでなく、アプリを使って知ることができる。

 
 

 なお、付属のプレミアムクリーンブラシヘッドは、ブラシヘッドのベースに柔軟性のあるゴム素材を採用。毛先の振れ幅が大きく、歯に触れる面積が今までのブラシヘッドの約4倍(ホワイトプラスブラシヘッドとの比較)。歯と歯ぐきにも密着し、手磨きの最大10倍の歯垢がかき出せるという。

 
 

 また、ブラシヘッドにはマイクロチップを内蔵。ブラシヘッド認識機能でハンドルがブラシヘッドの種類を認識し、最適なモードと強さに自動的で設定される。

 本体寸法(約)は幅252mm×奥行き31mm×高さ28mm。重量(約)は134g。いずれも、プレミアムクリーンブラシヘッド装着時。

 
 

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]