logo

FacebookとInstagramでオンラインストアを無料開設できる「Shops」が提供開始

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年05月20日 09時42分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間5月19日、FacebookやInstagram上のオンラインストアを簡単に開設できる新機能「Facebook Shops」の提供を開始したと発表した。ユーザーは企業のFacebookページやInstagramプロフィールから買い物ができるようになる。新型コロナウイルスの感染拡大によってEコマースを利用するユーザーが増加していることを受けた動きだ。

Facebook Shops
Facebook Shops
提供:Facebook

 ストアの作成は無料で、簡単にできるという。企業は掲載したい製品を自社のカタログから選択でき、ストアのカバー画像やアクセントカラーをカスタマイズできる。

 Facebookは将来的に、「Messenger」「WhatsApp」「Instagram Direct」など、同社のメッセージサービスを介してショッピングできるようにする計画だ。

 世界最大規模のソーシャルネットワークであるFacebookはShopsの提供開始により、Amazonなどのハイテク大手に対抗して、Eコマースをさらに強力に推進しようとしている。オンラインショップによって、ユーザーがFacebookで過ごす時間も長くなる可能性がある。Facebookは広告収入で利益を上げているため、小規模企業の支援は同社にメリットをもたらす。今回の動きは、Facebookが傘下の全アプリにわたってEコマースを統合しようとしていることを示している。

 Facebookの最高経営責任者(CEO)を務めるMark Zuckerberg氏はライブ配信動画の中で、新型コロナウイルスのパンデミックは、健康上の緊急事態というだけでなく、人々が人生において経験してきた中でも「最大規模の経済的打撃」だと述べた。

 オンラインショップの開設によって、減少した売り上げのすべてが補填されるわけではないが、その緩和にはつながるとZuckerberg氏は述べた。同氏はFacebook Shopsを、同社傘下のすべてのアプリにわたるEコマースを実現するために同社が採用した、「最も大きな一歩」だとした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]