logo

Slack、モバイルアプリを刷新--DMなど各機能へのアクセスが容易に

Alison DeNisco Rayome (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年05月14日 10時35分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Slackは米国時間5月13日、「iPhone」と「Android」向けアプリに対するメジャーアップデートをリリースした。今回のアップデートは、ナビゲーションを改善し、ダイレクトメッセージ(DM)や、ログイン状態などステータスの設定にアクセスしやすくすることを目的としている。モバイル版に先立ち、3月にはSlackのデスクトッププラットフォームが大幅にアップデートされた。新型コロナウイルスによるロックダウンや隔離が始まって、多くの人々が在宅勤務を開始した時期だ。

アップデートされたSlackアプリ
提供:Slack

 iPhoneとAndroid向けの新しい「Slack」アプリは、画面最下部にタブバーが追加され、チャンネルやDMのリストを表示する「ホーム」のほか、「DM」、「メンション」、ステータスを設定できる「あなた」から選択して、これらの機能に簡単にアクセスできるようになっている。

 その他に、画面の間を簡単に移動するための新しいスワイプ操作と、新しい会話を直ちに開始できる作成ボタンが追加されている。また、アプリとショートカットに改良が加えられ、通話の開始、リマインダーの設定、アンケートの作成などの操作が簡単にできるようになっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]