logo
新型コロナウイルス関連

J-LIS、マイナンバーカードの電子証明書における処理遅延で謝罪--「改善に取り組む」

佐藤和也 (編集部)2020年05月12日 19時42分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 地方公共団体情報システム機構(J-LIS)は5月12日、マイナンバーカードにおける電子証明書関係の手続きについて、処理遅延が生じたことのお詫びとともに、システムの処理能力の向上や改善に取り組むことを発表した。

 J-LISは、マイナンバー関連システムの開発・運用を担っている。国民1人あたりに10万円を給付する「特別定額給付金」におけるオンライン申請の関係もあり、全国的にマイナンバーカードの電子証明書について、暗証番号の再設定や新規発行・更新が急増。J-LISのシステムの処理能力を超えた負荷がかかったため、市区町村の窓口において混雑や処理遅延が生じたとしている。

 J-LISでは、大型連休中や5月7日から10日にかけてシステムの能力増強などを実施したが、「引き続き、市区町村と十分に連携を図りながら、システムの処理能力の向上や改善に取り組む」としている。

 また窓口での集中を避けるため、比較的空いている土日に利用できるよう、5月中のシステム稼働時間を、平日と同様の20時まで延長。住民に対しても、午前中などの混雑時間帯を避けて来庁するよう、J-LISのサイトで呼びかけているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]