logo

「iPhone 12 Pro」、120Hz対応「ProMotion」ディスプレイを採用か

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高森郁哉 (ガリレオ)2020年05月11日 10時18分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが次期「iPhone 12 Pro」で120Hz対応の「ProMotion」ディスプレイを採用するとの予測を、EverythingAppleProが伝えた。「Face ID」の改善とカメラ機能のアップグレードも予想している。

現行の「iPhone 11」のモデル
現行の「iPhone 11」のモデル
提供:Angela Lang/CNET

 秋に登場する可能性のあるiPhoneの最新版は、「iPhone 12」という名称になると予想されている。EverythingAppleProによると、6.1インチと6.7インチの「Pro」モデルには120Hz対応のProMotionディスプレイが搭載され、ベースモデルには60Hzのディスプレイが搭載されるという。

 多くのスマートフォンは60fps、60Hzとなっているが、「Galaxy S20」「OnePlus 8 Pro」などは120Hzだ。リフレッシュレートが高ければ、スマートフォンはウェブページやアプリをスクロールする際により速くスムーズに動作すると感じられる。

 Face IDの改善では、サポートする視野の範囲を拡大することで、従来より広い角度からアンロックできるようになると予想されている。カメラについては、オートフォーカスの高速化と手ブレ防止機能向上のためLiDARセンサーが強化されるほか、より高倍率の望遠撮影用レンズも備えると予想されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

  • BCP対策:前編

    「ビッグデータ」 から考える、働き方改革
    とBCP対策

  • 次の一手はこれだ!

    ZDNet×マイクロソフトが贈る特別企画
    今、必要な戦略的セキュリティとガバナンス

  • BCP対策:後編

    今、改めて考えたい、VDIのメリットと課題

  • RPA特集

    同僚はITシステム?業務自動化は人+IT

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]