ソニー、LED電球スピーカーに防水モデル--光と音で暮らしを演出

加納恵 (編集部)2020年04月30日 15時40分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーネットワークコミュニケーションズは4月30日、電球とスピーカーを一体化したワイヤレススピーカーに防水モデル「LST-SE300」を発表した。防水(IPX4)性能を備え、水回りやアウトドアでも安心して使用できる。同日から販売しており、想定税別価格は1万8500円前後。

防水(IPX4)性能を備える。
防水(IPX4)性能を備える。
「LST-SE300」
「LST-SE300」

 LED電球スピーカーは、今使っている電球と交換するだけで、音楽が楽しめるというもの。ソニーから、通常タイプが販売されていた。防水性能を搭載することで、利用シーンが屋外などにも広がり、天候に左右されず使えるようになった。

 対応コーデックは従来のSBC、AACにapt-Xを追加し、高音質再生を追求。通常のLED電球と同等サイズとなる口径61mm×高さ116mm、重量約198gの小型サイズで、全光束520ルーメンの明るさを実現している。色温度を2700ケルビンにすることで、電球色の暖かい光を再現する。

 付属リモコンや専用アプリから照明のオン・オフ、音量・明るさ調整が可能。シーンに合わせた32段階の調光と192色の調色ができる。音楽のリズムに連動した照明カラーの自動変更にも対応する。対応口金はE26口金で、市販の変換アダプター使用を使えばE17口金に装着できる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]