logo
新型コロナウイルス関連

アップル、次期主力iPhoneの量産を1カ月延期か

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年04月28日 10時34分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは次期主力スマートフォンである「iPhone 12」(仮)シリーズの量産を約1カ月延期する予定だと、The Wall Street Journal(WSJ)が米国時間4月27日に報じた。新型コロナウイルスの感染拡大がアジアの製造と世界中の消費者需要に影響を与えていることが理由だという。

Appleのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 WSJによると、Appleは毎年発売する主力スマートフォンの量産を例年であれば初夏に開始している。その後9月中旬に発表、同月内に出荷となる。

 2020年は、5Gワイヤレス接続に対応するモデルを含む、4機種の新型iPhoneの発表が予想されている。Appleは先週、新しい低価格版iPhoneである「iPhone SE」の出荷にこぎつけたが、最高経営責任者(CEO)のTim Cook氏は2月、同社の計画は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受ける可能性が高いと警告していた。

 Bloombergによる4月16日の報道によると、Cook氏は同日、全社規模のオンライン会議で、新型コロナウイルスが広まる現在の状況について「ストレスの多い時期」であることを認めたが、Appleの好調な財務状況と、製品の研究開発に対する継続的な投資を強調した。

 Appleにコメントを求めたが、回答は直ちに得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]