logo
新型コロナウイルス関連

ドアノブやつり革に“手を触れなくて済む”グッズ「NON-CONTACT TOOL」とは?

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルスの影響が世界に広がる中、海外でじわじわと増えつつあるジャンルの製品がある。それは、ドアノブや電車の吊り革、エレベーターのボタンなどに直接触れなくて済むための「NON-CONTACT TOOL」などと呼ばれるグッズだ。

 たとえば「Non-Contact Door Opener」なる製品は、本体が巨大なカギのような形状をしており、フック状になった先端をドアノブに引っ掛けて開け閉めができる。手が直接ドアノブに触れずに済むのはもちろん、ドアノブに触れるのはフックの内側だけなので、ポケットにそのまま放り込んでおいても(比較的)衛生的だ。

本体はカギのような形状。Amazon.comでは似た製品が複数販売されている(画像はAmazonホームページより、以下同じ)
本体はカギのような形状。Amazon.comでは似た製品が複数販売されている(画像はAmazonホームページより、以下同じ)
フック状になった先端を使ってドアを開けたり、また先端でボタンを押すことができる
フック状になった先端を使ってドアを開けたり、また先端でボタンを押すことができる

 また「Gryp」という製品は、指サックを大型化させたかのような構造で、ドアを開く用途のほか、吊り革につかまったり、ボタンを押したりできる。不特定多数の人が触れるエレベーターのボタンでは、指先が触れるのを嫌って、指の第二関節などでボタンを押している人は少なくないだろうが、このグッズを使えば肌で触れることなく、行き先の階のボタンを押せるというわけだ。

1枚のシートを丸めて、指サックのようにして使う(画像はEtsyサイト、Amazonホームページより、以下同じ)
1枚のシートを丸めて、指サックのようにして使う(画像はEtsyサイト、Amazonホームページより、以下同じ)
指を触れることなくドアを開けられる。ふだんはキーホルダーなどにつけておく
指を触れることなくドアを開けられる。ふだんはキーホルダーなどにつけておく
吊り革を握るのも容易だ。素材はシリコンで抗菌効果がある
吊り革を握るのも容易だ。素材はシリコンで抗菌効果がある
ボタンも押せる。タッチ対応パネルへの対応は不明
ボタンも押せる。タッチ対応パネルへの対応は不明

 どの製品も、使用後はそれ自体を拭く必要はあるものの、不特定多数の人が触れるドアノブやボタンに、指先が直接触れずに済むのは大きな利点だ。少なくとも、そうしたドアノブやボタンに触れたあと、手を洗えない状態が長時間続くよりははるかにマシだ。

国内でも続々と(ひっそり)お目見え中

 こうしたグッズは、海外では「NON-CONTACT TOOL」「ZERO CONTACT TOOL」などで検索すれば複数の製品が見つかるが、最近になって、日本でも同様のコンセプトを持つ製品がいくつか登場している。

 今回筆者が購入したケープリントの「Logoryl DOOR(ロゴリル ドア)」は、アクリル製のボディがネコの形をしており、フック状になった尻尾の部分を使って、つり革を持ったり、ドアノブを開けたりできる。

 触れるのはあくまでもフック=尻尾の内側のみなので、ポケットの中に入れても手などへの接触を最小限にできる。帰宅したらこのグッズ自体をアルコールティッシュなどで拭くようにすれば、圧倒的に清潔に済ませられる。

「Logoryl DOOR」。複数の形状があり、今回はネコを模した「スマイルCAT Ver.3」を購入した
「Logoryl DOOR」。複数の形状があり、今回はネコを模した「スマイルCAT Ver.3」を購入した
ふだんはアクセサリとしてキーホルダーにつけておける
ふだんはアクセサリとしてキーホルダーにつけておける
尻尾がフックの形状をしている
尻尾がフックの形状をしている
ドアノブにひっかけて開けることができる
ドアノブにひっかけて開けることができる

 また、oodesignは、エレベーターのボタンを触れずに押すための棒「o-stick」を販売している。3Dプリンタ製とのことだが、同社によるとすでに100個以上を販売しているという。また3Dデータを公開しているので、3Dプリンタを所有していれば自作できてしまうのがありがたい。

「o-stick」。同社いわく「手を触れずに押すための棒」(画像は上記ホームページより、以下同じ)
「o-stick」。同社いわく「手を触れずに押すための棒」(画像は上記ホームページより、以下同じ)
指で触れることなくエレベーターのボタンを押すことができる。複数のカラーをラインナップしている
指で触れることなくエレベーターのボタンを押すことができる。複数のカラーをラインアップしている

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]