logo

バルミューダ、LEDが音楽に合わせて輝く「BALMUDA The Speaker」

加納恵 (編集部)2020年04月23日 10時26分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バルミューダは4月22日、ワイヤレススピーカー「BALMUDA The Speaker(バルミューダ ザ・スピーカー)」を発表した。直径105mm×高さ188mmの円筒形で、LEDユニットを搭載する。同日から、バルミューダオンラインストアほか、家電量販店やインテリアショップなどで、受付を開始している。発売は6月中旬。税別価格は3万2000円になる。

「BALMUDA The Speaker」
「BALMUDA The Speaker」

 バルミューダは2003年に設立。自然界の風を再現する扇風機「GreenFan」やスチーム トースター「BALMUDA The Toaster」などで知られる。BALMUDA The Speakerは、今までにない音楽体験をお届けするワイヤレススピーカーとして登場した。

 77mmフルレンジスピーカーを備え、有機ガラス製の密閉型エンクロージャーを採用。立体感のあるサウンドと、ボーカルが目の前で歌っているかのような臨場感を表現する。上向きに設置したフルレンジスピーカーで無指向性で音が拡散するため、リスニングポジションを選ばず音楽を聴ける。

 本体には3基のLEDユニットを搭載。LEDユニットは、独自アルゴリズムにより0.004秒の速さで、音を光の輝きへと変換し、光の色のわずかな差や光量、明滅速度で楽曲を表現。「Beat」「Ambient」「Candle」とシーンや楽曲に合わせて選べる3つの「LiveLight機能」を備える。

 Bluetoothでのワイヤレス接続ができ、対応コーデックはSBC。3.5mmステレオミニ端子も備える。バッテリーを内蔵し、ポータブルスピーカーとしても使用可能だ。約2.5時間の充電で、約7時間の連続使用に対応する。重量は約1.0kg。

3基のLEDユニットを搭載する
3基のLEDユニットを搭載する

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]