logo
新型コロナウイルス関連

リコー、8000個のフェイスシールドを生産へ--57の医療機関に無償提供

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リコーは4月20日、新型コロナウイルス感染症に対応する医療現場への支援として、神奈川県厚木市の生産関連拠点であるリコー厚木事業所において、フェイスシールドの生産を開始したと発表した。

キャプション

 3Dプリンターや金型の活用により、4月中に1000個、5月末までに7000個のあわせて8000個のフェイスシールドを生産。厚生労働省から感染症指定医療機関(特定感染症指定医療機関および、第一種感染症指定医療機関)として指定されている57の医療機関に対して、順次無償で提供を開始するという。

 なお、今回の取り組みは、英国中部の製造・事業開発拠点であるRicoh UK Products Ltd.(RPL)において、フェイスシールドを生産し、同国のNHS(National Health Service)に提供を始めたことを受けたもの。現在RPLでは、1週間で4万個の提供を目指して生産に取り組んでいる。今後は、リコーグループにおいて同様の取り組みを世界各地で検討し、展開していくという。

 そのほか、人と人との接触を8割以上減らすために、在宅勤務を基本とした働き方にシフト。中小企業のリモートワーク環境の構築支援や、学校・医療機関などに対する遠隔コミュニケーションの支援など、デジタルサービスを活用して生産性向上と感染拡大防止の両立を支援する取り組みを進めるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]