NASAとSpaceX、有人ロケットを5月27日に打ち上げへ

Amanda Kooser (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年04月20日 11時57分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最後のスペースシャトルが打ち上げられた2011年以来、米航空宇宙局(NASA)は米国内の施設から宇宙飛行士を宇宙に送り出していない。その長期にわたる空白期間も、米国時間5月27日に終わる。SpaceXの「Crew Dragon」が2人の乗組員を乗せて国際宇宙ステーション(ISS)に向かうことになったのだ。

提供:SpaceX
提供:SpaceX

 NASAのJim Bridenstine長官は米国時間4月17日、このニュースをソーシャルメディアに投稿し、このイベントを盛り上げる動画を紹介した。

 この打ち上げは、NASAの「Commercial Crew Program」にとって重要なマイルストーンになる。同プログラムでは、ISSに人を運べる宇宙船の開発にSpaceXとBoeingが携わっている。その目的は、ロシアの宇宙船「Soyuz」にNASAが依存する状態を終わらせることだ。

 「Demo-2」ミッションでは、NASAの宇宙飛行士であるBob Behnken氏とDoug Hurley氏が搭乗する。SpaceXの「Demo-1」ミッションは2019年初めに実施され、無人のCrew DragonがISSに到着し、無事に帰還した。

 今回のミッションでは、打ち上げはケネディ宇宙センターから行われ、NASAが昔使っていた「ワーム」ロゴが描かれたSpaceXの「Falcon 9」ロケットを利用する。

 NASAとSpaceXは、Demo-2ミッションが有人宇宙飛行において乗組員を定期的にISSへと送り込む新時代の幕開けになることを願っている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]