「PlayStation 5」、初年度の生産台数はPS4より少ない可能性

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年04月17日 08時28分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは、次世代ゲーム機「PlayStation 5」(PS5)の初年度の生産台数を「PlayStation 4」(PS4)より少なくする予定だと、Bloombergが報じている。PS5はスペックが高いために販売価格が高く、初期需要は縮小すると同社は予想しているという。一方、2020年終盤に予定している発売を、新型コロナウイルスの影響で延期することはない見込みだ。

PS5の新コントローラー「DualSense」
PS5の新コントローラー「DualSense」
提供:Sony PlayStation

 ソニーはCOVID-19の感染拡大で、PS5のプロモーション計画については変更を強いられたようだが、生産能力に影響は出ておらず、PS5を2021年3月までに500万~600万台を生産する計画だという。PS4の場合、2013年11月の発売から2四半期間の出荷台数は750万台だったと、Bloombergは報じている。

 PS5のゲーム機本体はまだ発表されていないが、仕様は3月に公開され、PS5用の「DualSense」コントローラーは先週世界に向けて発表された。Bloombergによると、同ゲーム機の量産は6月に予定されているとのことなので、その頃には正式発表がありそうだ。

 PS5や、それに競合するMicrosoftの「Xbox Series X」の価格はまだわからないが、Bloombergは以前、PS5は製造に450ドル(約4万9000円)かかると報じていた。

 ソニーはコメントを控えた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]