logo

ナイキも医療用フェイスシールドを開発、スニーカーと衣服の素材や部品を流用

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Nikeは、新型コロナウイルス対策に従事している医療関係者を支援するため、フェイスシールドを開発して提供開始した。

Nikeの開発したフェイスシールド(出典:Nike)
Nikeの開発したフェイスシールド(出典:Nike)

 このフェイスシールドは、Appleが開発したタイプと同じく、顔の前面を透明なシールドで保護し、飛沫が顔にかかることを防ぐ。Nikeが同社の靴と衣類で使用している素材や製造設備を用い、高機能でありながら、簡単かつ迅速に製造できるデザインとした。

 シールドにはスニーカー「Nike Air」のソールで使っている熱可塑性ポリウレタン樹脂(TPU)、前額(おでこ)に当たる部分にも靴の素材を適用。頭に締め付けるためのコードは、衣服用部品の流用だ。

 共同開発したオレゴン健康科学大学(OHSU)の現場でプロトタイプを試用。そして、Nikeのオレゴン州とミズーリ州にある工場で完成版を製造し、4月3日にOHSUへ向け出荷した。さらに、人工呼吸器用のレンズもTPUで製造し、同じくOHSUへ提供している。

 なお、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応で必要な医療機器は、NikeやAppleだけでなく、さまざまな医療分野以外の企業が開発に取り組んでいる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]