logo
新型コロナウイルス関連

「緊急事態宣言」に関連してヤフーで検索されたキーワード--仕事や保育園も上位に

佐藤和也 (編集部)2020年04月07日 19時17分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは4月7日、同社が提供する事業者向けサービス、データソリューションにおいて、新型コロナウイルス感染症関連の影響分析などに役立てることを目的として、4月6日付で「緊急事態宣言」に関連してヤフーで検索されたキーワードに関するショートレポートを公開した。

 緊急事態宣言を含む検索キーワードの検索数ランキングでは、緊急事態宣言そのものの内容を調べようとする「緊急事態宣言とは」がトップ。そして、仕事や保育園に関連する検索キーワードも上位に登場し、その関心の高さが現れる結果になったという。

「緊急事態宣言」を含む検索キーワードの検索数ランキング
「緊急事態宣言」を含む検索キーワードの検索数ランキング

 緊急事態宣言と一緒に検索されることが多かったキーワード同士の関係性を表すネットーワーク図では、保育や学校などの施設、理髪店や美容院の状況、また、ゴールデンウィークの帰省などについて調べられている様子がわかるという。また、「家庭-準備」、「リスト-買い物-備蓄」など、準備が必要なのかどうかを調べている様子もうかがえるとしている。

同時に検索したキーワード2つまで(第2ワード、第3ワード)との結びつきをネットワークで表現した図
同時に検索したキーワード2つまで(第2ワード、第3ワード)との結びつきをネットワークで表現した図

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]