logo
新型コロナウイルス関連

Lyft、医療従事者らのスクーター利用を無料に--新型コロナ対応を支援

Clifford Colby (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年04月06日 11時29分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に際し、ファーストレスポンダーや医療従事者、公共交通機関で働く人々を支援するため、Lyftはこうした仕事に従事する人が無料で電動キックスクーターを利用できるようにする。同社は、テキサス州オースティン、コロラド州デンバー、ワシントンメトロ圏(ワシントンDCを中心とする公共交通ネットワーク)のほか、カリフォルニア州ロサンゼルス、サンディエゴ、サンタモニカで重要な職務を担っている人たちが回数無制限で30分間スクーターを利用できるようにすると、米国時間4月3日に発表した。

Lyftのスクーター

 利用するには、雇用主が従業員をプログラムに登録する必要がある。Lyftによると、この無料サービスは4月30日まで継続する。サービスの一環として、Lyftは病院周辺に追加のスクーターを配置するという。

 Lyftは、重要な職務を担っている人を対象に、マサチューセッツ州ボストンでは「Bluebikes」、イリノイ州シカゴでは「Divvy」、ニューヨーク州ニューヨークでは「Citi Bike」、カリフォルニア州サンフランシスコベイエリアでは「Bay Wheels」という名称で展開している自転車シェアリングサービスでも同様の無料サービスを提供する。こうした重要な職務従事者向けの無料サービスは、危機の中でコミュニティーを支援し、ドライバーが勤務を続けられるようにするLyftの拡張的取り組みの一環であり、この取り組みでは低所得層の高齢者や若年層の家庭、障がいのある人を支援したり、医療用品を配達したりする。

 LyftとUberのドライバーは、危機の間も運転を続けることについて懸念を表明しており、カリフォルニア州のドライバーたちは両社に対し、保護措置を講じるよう求めている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]