logo

アップル、紛失防止トラッカー「AirTag」の情報をうっかり動画で公開か

Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年04月03日 10時18分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米CNETでは、Bluetoothを利用して鍵や財布などの持ち物を追跡する、「Tile」に似たトラッカーの開発にAppleが取り組んでいるといううわさを以前から追ってきた。今回、そうした機器が実際に間もなく登場することを、Appleがうっかり漏らしてしまったようだ。画像ではなく、YouTubeに何気なく投稿した動画にたまたまその情報が含まれていた。

iPhone
提供:Angela Lang/CNET

 Appleosophyというサイトが最初に発見し、9to5Macも確認した注目のそのシーンは、「iPhone」のデータを消去して工場出荷時の設定に戻す方法をユーザーに紹介するAppleの新しいサポート用動画の中にある。現在は非公開設定になっているこの動画では、出演者がiPhoneの設定で「iPhoneを探す」ページにアクセスすると、オフラインで探す機能を有効にするオプションが映っている。

 説明文には、「オフラインで探す機能を使えば、Wi-Fiや移動体通信網に接続されていないときに、このデバイスとAirTagsを見つけられる」と書かれている。どうやら、うわさの製品の名称は「AirTag」となるようだ。

 Appleはコメントの依頼にすぐには応じなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]