logo

米ゼロックス、HPへの敵対的買収提案を取り下げ--新型コロナで

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2020年04月01日 12時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プリンティングサービスを手がける米Xeroxは米国時間3月31日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)に起因する市場の混乱を理由に、競合企業であるHPの買収に向けた取り組みを撤回すると発表した。Xeroxは、HPに対する敵対的買収(TOB)と、取締役を入れ替える提案を公式に取り下げるとしている。

 Xeroxは声明で、「このような措置を取ることは残念だが、当社の従業員や顧客、パートナーなど利害関係者の健康と安全、福利、そしてパンデミックへの広範な対応を最優先にしている」と述べた。

 また、「XeroxとHPを合併することから生まれる長期的な財務上、戦略上のあらがい難い利点は残っている。HPの取締役会による交渉の拒絶は数カ月に及んでおり、その遅延戦術によって、この取引に絶大な支援を表明してくれたHPの株主に大きな不利益がもたらされたことは明らかだ」としている。

 Xeroxは13日、TOBと、取締役の提案については撤回しないものの、HPの買収に向けた取り組みを一時中断すると発表していた。HPは株主宛ての書簡で、現在の経済環境や世界的な公衆衛生上の危機を鑑みた場合、合併はさらに内容の乏しいものになるだろうと述べていた。

 HPの取締役は、Xeroxが買収を進める動きを一貫して拒否していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]