logo

電気と熱を安定供給する「豊洲スマートエネルギープロジェクト」--環境と防災性能向上へ

加納恵 (編集部)2020年03月31日 16時43分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三井不動産と東京ガスは3月31日、既存施設を含む豊洲2、3丁目地域に電気と熱を安定供給する「豊洲スマートエネルギープロジェクト」を開始すると発表した。「豊洲ベイサイドクロスタワー」内に「豊洲エネルギーセンター」を設置する。

中央監視室でのEMSイメージ
中央監視室でのEMSイメージ
豊洲スマートエネルギープロジェクト エネルギーフロー図
豊洲スマートエネルギープロジェクト エネルギーフロー図

 豊洲地区への熱、電力供給は、三井不動産と東京ガスが共同で設立した三井不動産TGスマートエナジーが2019年4月に開始したスマートエネルギープロジェクトの第2弾。第1弾は「日本橋スマートエネルギープロジェクト」で、複数の既存施設を含めた大規模な自立分散型エネルギー供給を行い、街単位での環境性能と防災性能の向上を実現している。

 豊洲エリアでは、駅前拠点施設を対象に、コンパクトな自立分散型エネルギー供給を行い、レジリエントでエコフレンドリーな街づくりを実現するもの。中圧ガス導管を使用し、高い耐震性を誇るほか、広域停電時にも、オフィスに加え一時滞在施設やホテル等にエネルギー供給が継続、街全体の防災力を向上するとしている。

 コジェネレーションシステム(CGS)による廃熱を有効活用し、約20%のCO2排出を削減。ビックデータを分析することで、翌日のエネルギー需要を予測、予測した需要に基づき機器の最適運転を実現する。

高効率CGS
高効率CGS

 供給開始は4月1日。豊洲ベイサイドクロスタワーの5~8階にエネルギーセンターを設置する。供給面積は約6万平方メートル。予定供給能力は電力が約1.4万kW、冷熱が約115GJ/h、温熱が約51GJ/hになる。

電気・熱の供給エリア
電気・熱の供給エリア

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]