logo
新型コロナウイルス関連

COVID-19が肺に与える影響をVRで--米病院がYouTube動画を公開

Alison DeNisco Rayome (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年03月26日 09時59分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジョージワシントン大学病院の医師らは、3月に入って初めてのCOVID-19の患者に遭遇した。COVID-19は、新型コロナウイルスによって引き起こされる呼吸器疾患だ。同病院は先週、医師らが現在、仮想現実(VR)技術を利用して患者の肺を観察していることを示す動画をYouTubeに投稿した

提供:George Washington University Hospital
提供:George Washington University Hospital

 このシミュレーション画像では、健康な肺組織は青色、ウイルスに感染した肺組織は黄色で示されている。

 「ウイルスに感染した異常な肺組織と、隣接するそれよりも健康な肺組織の間には、明らかな違いがある」と、ジョージワシントン大学病院の胸部外科部長を務めるKeith Mortman医師は、同病院のポッドキャスト「HealthCast」のインタビューの中で語った。「違いは明らかであるため、医師でなくてもこれらの画像を理解することができる(中略)観察される損傷は、肺のいずれかの一部に限定されてはいない。両方の肺に深刻な損傷が散在している」(同医師)

 Mortman医師は、COVID-19から回復した患者の長期的な肺損傷の可能性を特に懸念していると述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]