logo

フォルクスワーゲン、旧型マイクロバス「T1 Samba Bus」のEV化サービス--766万円から

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Volkswagen(VW)のVolkswagen Commercial Vehicles(VWCV)部門は、旧型マイクロバス「T1 Samba Bus」(愛称「Bulli」)をベースとする電気自動車(EV)コンセプトカー「e-BULLI」を発表した。今後、T1のEV化サービスや、EV化済みT1の販売を開始する計画。

T1 Samba BusをEV化したe-BULLI(出典:VW)
T1 Samba BusをEV化したe-BULLI(出典:VW)

 e-BULLIは、1966年製T1 Samba BusをEV化したもの。VWCVが、EV化サービスを手がけているeClassicsの協力を得て改造した。VWとeClassicsは、小型自動車「Volkswagen Beetle」のEV化モデル「e-Beetle」も共同開発している。

見た目は1966年(出典:VW)
見た目は1966年(出典:VW)
T1に搭載されていた4気筒エンジンを電動モーターに交換したことで、出力32kW(44ps)、トルク102Nmだったものが、出力61kW(83ps)、トルク212Nmに強化された。最高速度は、T1が時速105km、e-BULLIが時速130km。

 バッテリ容量は45kWhあり、フル充電で200km以上の走行が可能という。CSS(Combo)方式の充電システムを採用し、22kWのAC充電、50kWのDC充電に対応。DC高速充電だと40分でバッテリ容量の80%まで充電できる。

中身は2020年(出典:VW)
中身は2020年(出典:VW)

 VWは、これまでも「Microbus Type 2」をEV化したり、Microbus Type 2のデザインを踏襲したEVコンセプトカー「Type 20」を披露したりしてきた。ただし、いずれも市販目的の車両でなかった。

 これに対しe-BULLIは、既存のT1のEV化サービスという形で入手できる。価格は6万4900ユーロ(約766万円)から。さらに、eClassicsは「T2」「T3」のEV化サービスも提供する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]