logo

フォルクスワーゲン、名作「ワーゲンバス」をEV化したコンセプトカーを披露

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Volkswagen(VW)の米国子会社Volkswagen of Americaは、“ワーゲンバス”という愛称で知られる旧型バス「Volkswagen Type 2 Bus」の電気自動車(EV)版コンセプトカーを発表した。

ワーゲンバスのEVコンセプトカー(出典:Volkswagen of America)
ワーゲンバスのEVコンセプトカー(出典:Volkswagen of America)

 Volkswagen of Americaは、1972年型ワーゲンバスのEV化を、EV向け部品販売などを手がけている米国のEV Westに依頼。「e-Golf」の電動機構をエンジンなどと載せ替えることで、EV化を実施した。バッテリ容量は35.8kWhあり、約125マイル(約201km)の走行が可能だという。

1972年モデルがベース(出典:Volkswagen of America)
1972年モデルがベース(出典:Volkswagen of America)

 モーターはエンジンの置かれていた後部に搭載し、バッテリはフロントシートと、車体中央の燃料タンクがあった場所に取り付けた。そのほかに、e-Golfの駆動系を移植した。

e-Golfの電動機構を移植(出典:Volkswagen of America)
e-Golfの電動機構を移植(出典:Volkswagen of America)

 VWが以前披露したワーゲンバスのEV版コンセプトカー「Type 20」と異なり、今回EV化した車両はワーゲンバスの外装や内装をほぼそのまま残している。

外装と内装はほぼそのまま(出典:Volkswagen of America)
外装と内装はほぼそのまま(出典:Volkswagen of America)
以前披露したEV版ワーゲンバス(出典:VWGoA)
以前披露したEV版ワーゲンバス(出典:VWGoA)

 なお、このコンセプトカーは、e-Golfの電動機構がクラシックカーのEV化に活用可能であることを示す目的で製造されたもので、量産化の予定はないそうだ。ただし、VWは“カブトムシ”の愛称で知られる「Volkswagen Beetle」向けEV化サービスを提供する予定。

“カブトムシ”をEVに改造(出典:VW)
“カブトムシ”をEVに改造(出典:VW)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]