logo

エイベックス、新会社「コエステ」設立--DJ KOO、May J.など「コエカタログ」に追加

加納恵 (編集部)2020年03月16日 16時20分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エイベックスは3月16日、東芝デジタルソリューションズからの出資を受け、AI・音声合成技術を活用し、一般ユーザーやタレント・著名人の「コエ(声)」を収集・蓄積して様々なサービスで活用する「コエステーション事業」を開始すると発表した。2月に設立した新会社「コエステ株式会社」で取り組む。

コエステーション事業を開始
コエステーション事業を開始

 新会社では、独自性のあるAI・音声合成技術を活用し、タレント・著名人などの実在する人物の声をもとに、声の分身であるコエ(声)のデータを生成。生成したコエ(声)を「コエステーションプラットフォーム」に集めて、エンタテインメント、観光、ロボット、ナビゲーション、音声広告など、様々な分野のサービスに提供する。

 これにより、従来は収録した生の音声や固定の合成音声であった、カーナビの案内、オーディオブック、ニュースアプリなどを、好きなタレントや著名人のコエ(声)で楽しめるようになる。

 DJ KOO、高柳明音(SKE48)、May J.を含め、既に30以上のタレント・著名人の公式のコエ(声)が登録。今後もエイベックス所属のアーティストのみならず、様々なタレント・著名人のコエ(声)を追加し、ニーズに応えていくとしている。



 

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]