logo

図書館の蔵書管理をドローンで無人化--船橋市の西図書館が試験

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Liberawareは、千葉県船橋市の図書館で実施される京セラコミュニケーションシステム(KCCS)の「AI蔵書点検システム」試験導入に伴い、設備点検用小型ドローン「IBIS」を提供して蔵書点検作業の無人化に向けた検証作業を実施する。

図書館の蔵書管理をドローンで(出典:Liberaware)
図書館の蔵書管理をドローンで(出典:Liberaware)

 船橋市の西図書館に試験導入されるAI蔵書点検システムは、KCCSの公共図書館向けシステム「ELCIELO」と、画像解析技術を組み合わせたもの。書架一面を撮影して得た蔵書の背表紙データと、ELCIELOに登録された蔵書データを突き合わせ、蔵書点検を実行する。これにより、手作業で1点ずつ点検する必要をなくし、担当者の負荷軽減、点検業務の効率化を目指すという。

 AI蔵書点検システムでは、タブレットで手動撮影した書架の画像が用いられる。これに加え今回の検証作業は、LiberawareのIBISによる自動撮影を試験的に連携させ、無人化を試みる。

 IBISは、屋内施設や配管内など、飛行ルートの決定にGPSを利用できない環境での使用を想定した産業用ドローン。あらかじめプログラミングしたルートに従って自動飛行し、Full HDカメラで映像を撮影できる。

 プロペラのデザインを工夫し、風を下方向へ押し出す力よりも、回転で生ずる揚力に多く頼って浮上する設計とした。これにより、吹き下ろす風が少なくなって粉塵の巻き上げが減り、図書館でも使いやすいとしている。

 Liberawareは、KCCSと共同でシステムを検証していく。

ドローンによる蔵書点検の紹介ビデオ(出典:Liberaware/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]